安全にフライトを楽しむために

ドローンは、いつでもどこでも飛ばしていいものではありません。国や自治体によって、さまざまなルールが決められています。ルールと各種法令を理解して、安全にフライトを楽しみましょう!

飛行禁止エリア

重量200g以上の機体には航空法で飛行禁止区域が定められています。以下のポイントで飛ばすためには国土交通省への申請が必要になります。

申請が必要な飛行条件

飛行禁止エリア外の場所でも、申請が必要な条件として以下のような例が定められています。

*より詳しい飛行禁止区域やルールに関する情報は、DJIの安全飛行ページよりご確認ください。

安全にドローンを飛ばすためのエリアや飛行条件を覚えたら、
実際に飛ばしたい場所を探してみよう!

安全にドローンを飛ばせる場所を見つけよう!

飛ばしたい場所を見つけたら、フライトマップで飛行可能なエリアかどうか調べてみよう!詳しくは下記URLのフライトマップでチェックしてみて!

飛行可能エリアでも注意が必要!

第三者の私有地や公共の場所では、勝手にドローンを飛ばせません。
そのような場所では、必ず所有者や行政に確認してから飛ばしましょう。

ドローンを飛ばす最終確認!

フライトの直前に機体の状態やファームウェアのアップデートも忘れずに!詳しくはチェックリストを確認してください。

もちろん購入前でもドローンを飛ばせます!

DJI認定ストアや一部販売代理店では実際にドローンを飛ばすことが可能です。無料の体験イベントやセミナーも開催しているので、ご購入をご検討の方は是非ご参加ください。

DJIについて

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。
© 2019 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

Copyright © 2019 DJI All Rights Reserved.