logo

それぞれのTips動画は、記載しているQRコードを読み取って実際に見ることができます。ぜひ参考にして、これまでよりもちょっと上をいくスペシャルな動画を作ってみよう!

動画初心者の方は必見!
撮影した素材で
1つのムービーをつくろう!

Tips 1.フットワークを使う

自分自身の脚を使って「動き」を与えてみよう。
動き方を工夫して、動画ならではの表現を試してみて!

1.周りをぐるっと回る
被写体の周りをぐるっと回ってみよう。様々な角度から被写体を見ることができ、臨場感が増します。

2.水平に動く
被写体と水平に動いてみよう。カメラの高さを一定に保ち、横方向に被写体と同じように動くことで滑空しているような映像が撮影できます。

Tips 2.カメラを振ってみる

広さや高さ、位置関係、そして細かい部分を見せたいときにはカメラを振ってみよう。
カメラを動かしている時は一定の速度を保ち、スムーズな動きを意識することを忘れずに!

1.横に振る
広い風景や横に長い被写体を見せたいときは、視点を横移動(パン)することで効果的に表現できます。いろんなシーンでパンを活用してみよう!

2.縦に振る
縦に長い被写体のディテールや人物をフルショットで見せたいときに、縦に振ること(チルト)でよりダイナミックに見せることができます! 上に振るか下に振るかで印象も変わります。

3.手前のものをなめる
画面の手前に人物や物を入れて、奥にある被写体をアングルを動かしながらゆっくり入れてみよう。遠近感を見せたいときや被写体の表情を際立たせたい時にトライ!

Tips 3.マルチなアングルを取り入れる

一点の視点だけでなく、時にはアングルを変えるだけで、映像が新鮮に感じます。自分を中心に周りながら撮影して動画に躍動感を与えよう!ちなみにOsmo Pocketならブレずにキレイに
撮れるので、いろいろなアングルにトライできます!

Tips 4.1シーンを5秒〜10秒を目安に

見やすい動画のコツは、1シーン毎の時間を一定に区切ること。
短すぎると伝えたいことが伝わらなかったり、長すぎると飽きやすい印象になってしまうので注意しよう。DJI Mimoのアプリを使えば、直感的なシンプルな操作で簡単に編集からSNSへの投稿が可能に!

Finish! 一つの映像が完成!

​4つのTIPSの映像素材を元に編集してついに完成です!
QRコードから実際に見れるのでぜひ参考にしてみてください。
編集のコツは、完成形をイメージしながら撮影すること。
さらに、人物以外にも、撮影している場所を象徴する風景や物を
映像の間に入れることで、雰囲気のあるムービーになります!

Let's challenge!
空撮映像にもチャレンジしよう!

映像を制作するときに、空撮映像があれば格段に動画のクオリティがレベルアップします。
そんなときに簡単に撮れる空撮映像をご紹介!

前方へゆっくりとまっすぐに飛ばして、ヨットを追い越す感じがGood!

被写体からゆっくりと後方に離れていき、周りの景色をフレームイン!

一直線にゆっくり動かそう。

ドローンで空撮するポイントは、むやみに上昇・下降、または回転したりと急激に動かすような操作をさけること。ゆっくりと丁寧に動かすことで、安定した美しい映像が撮れます。地上での撮影と同じように、飛ばす前に空撮映像のイメージを頭に思い描いてから撮影を心がけましょう!

基本をおさえて、ワンランク上の写真を撮ろう!

Tips 1.光を生かそう

光は写真を構成する最も重要な要素の一つ。光の捉え方によって、写真の印象はがらっと変わるので、光の方向や角度、そして季節や天候の違いを見極めて、表現に生かしてみよう。順光と逆光の違いを見てみましょう。順光では被写体に直接光が当たるため描写力が高いですが、逆光の場合、被写体が暗くなってしまい、一部黒つぶれしている箇所もあります。反対に、夕景時に逆光で撮影する場合、被写体の輪郭がシルエットのように浮き立ち、想像力をかきたてるカッコいい一枚に!

Tips 2.構図を考えよう

印象的な写真を撮影するために「構図」は大切です。だけど、構図に束縛されいつも意識しながら撮影するのは息苦しいはず。なので、様々な構図があることを頭のどこかに入れておくだけで十分です。構図の引き出しを多く持っていることで、それが魅力的な写真を撮影する近道にも繋がるはず!

三分割

曲線

斜線

斜線(実景)

Let's challenge!

地上撮影の次は
空撮写真にチャレンジしよう!

ありきたりな空からの「風景写真」で終わらせないために。技アリの空撮写真を撮るためのテクニックを2つ紹介します。

俯瞰からのダイナミックな空撮写真

ドローン撮影でよく見る手法の一つが「真俯瞰」。カメラを真下に向けて被写体を真上から眺めると、地上で見ていた景色とは全く違う形や光だったりと、新しい発見があるのでトライしてみよう!

ドローンでしか見れない視点を楽しもう。

ドローンがあれば地上からの撮影では不可能な場所でも簡単に撮影できます。空中や海からの視点など、アングルの決め方も自由自在!いろんな角度で空撮に挑戦してみて。

Copyright © 2019 DJI All Rights Reserved.