DJI Mavic 3

詳細を確認する

  • 最高の瞬間を、このカメラで

    4/3型CMOS Hasselbladカメラは、低照度環境下でのノイズを効果的に軽減し、高い解像度と広いダイナミックレンジで撮影します。

  • 長時間飛行で、充実の撮影体験を

    最大46分の飛行時間により[1]、飛行ルートの計画や構図合わせに十分時間がとれ、余裕を持って撮影できます。

  • アップグレードした伝送システム

    進化したO3+伝送システムにより、15km*の最大伝送距離を実現し、スムーズで安定した飛行で1080p/60fps[2]でのライブ映像を確認できます。

  • スマートな安全機能で安心飛行

    全方向障害物検知が可能なMavic 3は、あらゆる方向の障害物も検知でき、安全な飛行ルートを計画します[3]

  • プロ向けコーデックで、プロの映像制作を

    Mavic 3 Cineモデルは、Apple ProRes 422 HQ、Apple ProRes 422、Apple ProRes 422 LT[4]コーデックに対応し、1TB SSD[5]を内蔵。プロレベルの映像制作を包括的にサポートします。

同梱物

  • DJI Mavic 3

    × 1

  • DJI RC-N1 送信機

    × 1

  • DJI RC-N1 操作スティック(1組/予備)

    × 1

  • DJI RC-N1 RCケーブル(USB Type-Cコネクター) 

    × 1

  • DJI RC-N1 RCケーブル(Lightningコネクター) 

    × 1

  • DJI RC-N1 RCケーブル(標準タイプMicro-USBコネクター) 

    × 1

  • DJI Mavic 3 インテリジェント フライトバッテリー

    × 1

  • DJI Mavic 3 低ノイズプロペラ(1組)

    × 3

  • DJI 65W ポータブル充電器

    × 1

  • DJI Mavic 3 ストレージ カバー

    × 1

  • Type-Cケーブル

    × 1

作品ギャラリー

どれがあなたにぴったり?

  • DJI Mavic 3

    高度撮影向けフラッグシップ ドローン

    895 g

    4/3型CMOS

    20 MP、DNG (RAW)

    5.1K/50fps、4K/120fps

    飛行時間最大46分(無風)

    O3+、15 km、1080p/60fps伝送(日本:8 km)*

    全方向(死角なし)

    ActiveTrack 5.0[6]

    アドバンストRTH

    標準送信機

    8 GB 内部ストレージ

    28倍ズーム

    マスターショット

    APAS 5.0

  • DJI Mavic 3 Cine

    プロ向けフラッグシップ カメラドローン

    899 g

    4/3型CMOS

    20 MP、DNG (RAW)

    5.1K/50fps、4K/120fps

    飛行時間最大46分(無風)

    O3+、15 km、1080p/60fps伝送(日本:8 km)*

    全方向(死角なし)

    ActiveTrack 5.0[6]

    アドバンストRTH

    DJI RC Pro(高輝度ディスプレイ)

    1TB SSD 高速内部ストレージ

    28倍ズーム

    マスターショット

    APAS 5.0

    Apple ProRes 422 HQコーデック

    Apple ProRes 422 コーデック

    Apple ProRes 422 LT コーデック

よくある質問に対する回答

* 障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合(日本国内では、最大8 km)。最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンス(復元力)を踏まえた概測になります。必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、目視範囲内でドローンとその周囲を常時監視して飛行させてください。

[1] Mavic 3を、無風の環境下で、海抜0 mの高度をバッテリーが0%になるまで、32.4 km/hの一定速度で飛行させた時に測定。データはあくまで参考用です。  飛行中は、DJI Flyアプリ上に表示されるRTHに関するリマインダーにご注意ください。

[2] 障害物、電波干渉のない場合。実際の解像度は、伝送信号の質によって異なる場合があります。

[3] 風速13.8 m/sを超える強風時、雪、雨、霧、雹、雷などの悪天候時には、機体を使用しないでください。機体を海抜6000 m以上で、飛行させないでください。気温が-10℃より低い場合または40℃より高い環境では、機体を飛行させないでください。車やボートのような動いている物体から離陸させないでください。水面または雪面などの反射表面の近くで飛行させないでください。ビジョンシステムが制限される場合があります。GNSS信号が弱い場合は、周囲が明るく視界が良好な環境で機体を飛ばしてください。低照度環境下では、ビジョンシステムが異常動作する場合があります。磁性干渉や無線干渉のある地域周辺を飛行しないでください。Wi-Fiホットスポット、ルーター、Bluetooth機器、高圧送電線、大規模送電局、レーダー基地、モバイルベースステーション、放送塔などの磁気干渉や無線干渉のエリア付近で機体を飛ばさないでください。砂漠や砂浜から離陸する際は、機体に砂が入らないように気を付けてください。機体は開けたエリアで飛ばせてください。ビル、山、木々により、GNSS信号が遮られたり、搭載されているコンパスの精度に影響が出たりする場合があります。

[4] DJI Mavic 3 Cineは、Apple ProRes 422 HQ、Apple ProRes 422、Apple ProRes 422 LT、およびH.264/H.265コーデックに対応し、一方DJI Mavic 3は、H.264/H.265コーデックにのみ対応しています。

[5] 実際に利用できる空き容量は、システム構成によって異なる場合があります。詳細は、Mavic 3のスペックを確認してください。

[6] ActiveTrackは、4K以上の解像度、または60fps以上のフレームレートで撮影中は使用できません。